特別集会

子どもクリスマス会

12月22日(土)

クリスマス礼拝

12月23日(日)

クリスマスイブ礼拝

12月24日(月)

幼稚園集会

願書受付

11月1日(火)

入園・未就園児クラス

申し込み

随時受け付けています

バプテスト東福岡教会

福岡市東区馬出4-13-15

TEL:092-651-3978

     092-651-6270 


2018.10.21 「何よりもまず行うべきこと」(要約) マタイによる福音書8:18-22

1:  いやし

 イエス様の癒しの出来事は多くの人々を引き付けたのでしょう。一人の律法学者が「どこへでも従って参ります」と言いました。この人もまたイエス様の癒しの業に感動した者だったのでしょう。イエス・キリストに従うことは「枕するところもない」ほどに人々から疎外され、受け入れられないこと。それは十字架という「死」に向かう道。自分を捨て、他者のために生きていくことだと教えられているのです。

 

2:  死んだ者の主

 「父を葬ること」は当時のユダヤの社会において何よりも大切なことでした。しかし、イエス様は「わたしに従いなさい。死んでいる者たちに、自分たちの死者を葬らせなさい。」(22)と言われました。主イエス・キリストは死んだ者、死んでいく者にとっても「救いの主」なのです。イエス・キリストは、十字架で死に、その死を超えてそのものの主となってくださるのです。

 

3:  まず行うべきことは何か

 今日の御言葉は「まず何をおこなうべきなのか」ということを教えています。イエス様は何よりも大切であった「父の葬り」を超えて、「わたしに従いなさい」と教えられているのです。

 私たちは何をすべきなのでしょうか。私たちは、人間として、この世のしがらみの中で生きていくのです。私たちが、イエス・キリストに従うことは、自分だけがパラダイスにいることではなく、他者のためにこの世で傷つくこと、「しなければならないという」しがらみがある中で、他者を愛することなのです。

 

4:  イエス・キリストに従うために

 イエス・キリストに従う道は、何をするにしても、それが正しいのか問い続けていく道です。主が私たちを愛してくださっている。このイエス・キリストの愛に信頼して生きていきたいと思うのです。

 

5:  従いさせていただく希望

 この後、弟子たちは船に乗り、嵐にあいます。前にも後ろにも行くことができない状態です。その中で「主よ、助けてください」と叫ぶことだけができたのでした。私たちはイエス様に「助けてください」と叫ぶことが許されている。そして、主イエスは、私たちがどのような状態にあっても必ず助けてくださいます。私たちはその愛を土台として、互いに仕える道を歩きだしていきたいと思います。 (笠井元)