特別集会

子どもクリスマス会

12月22日(土)

クリスマス礼拝

12月23日(日)

クリスマスイブ礼拝

12月24日(月)

幼稚園集会

願書受付

11月1日(火)

入園・未就園児クラス

申し込み

随時受け付けています

バプテスト東福岡教会

福岡市東区馬出4-13-15

TEL:092-651-3978

     092-651-6270 


2018.9.23 「繋げられてきた福音~『復活』~」(要約) Ⅰコリントの信徒への手紙15:50-58

1:  福音の中心 復活

 神様の神秘としてなされた一番の出来事は、イエス・キリストの復活です。復活こそがキリスト教における福音の中心です。イエス・キリストの復活によって、神様は自らの愛を示し、愛に生きる新しい命を創造されたのです。キリストの復活、新しい命の始まりの出来事を、キリスト教のすべての信徒が福音として宣べ伝えてきました。そして東福岡教会の信仰の先達の方々もまた、この復活という愛の出来事を「福音」として受け取り、伝えてきたのです。わたしたちはこの主の福音を宣べ伝える「主の業に励んでいきたい」と思います。

 

2:  復活の否定

 しかしまた、福音の中心である「復活」は、キリスト教の歴史において何度も否定されてきた事柄でもあります。復活はある意味、一番人間の考えにおいて理解できない、理解を超えた出来事です。復活とは、一度この世に生きて召された者が、もう一度生き返ることだと考える、いわゆる「蘇生」のような出来事ではないのです。時間的に命が長くなること、または「死」から戻って来ることは、キリスト教においての本当の意味での「復活」ではないのです。

 キリスト教でいうところの「復活」とは、神様による新しい命の創造の出来事なのです。

 

3:  復活の意味

 「死」は「罪」であり「罪は律法」だと言います。「罪」としての「死」からの解放が「復活」です。イエス・キリストの復活は、まさに罪に勝利した出来事なのです。

 神様は人間を愛された。神様はすべての者が愛に満ち溢れて、互いに愛し合い生きる道を「復活」という形で開かれたのです。そしてだからこそ、この「復活」は多くの人間には必要とされないのです。人間が求めていることは、自分だけを愛し、自分で好き勝手に生きること。そしてそれが永遠に続くことを求めているのです。

 

4:  福音の業に励む

 神様が本当に私たちに与えてくださっているものは、神様の復活による愛。「隣人を愛する心」なのです。この教会において召されてきた方々が伝えてきた福音は、この神様の愛、復活による新しい命です。私たちは神様による復活の愛を伝える「主の業に励みなさい」、「福音を繋げていきなさい」と言われているのです。私たちは、これまでこの地において伝え続けられてきた神様の福音を今一度受け取りたいと思います。そして、これまで多くの兄弟姉妹の信仰によってつなげられてきた福音伝道の業に、これからも励み続けていきましょう。(笠井元)