特別集会

夏期学校・バーベキュー

8月26日(日)

幼稚園集会

プール

7月24日(火)

願書受付

11月1日(火)

入園・未就園児クラス

申し込み

随時受け付けています

バプテスト東福岡教会

福岡市東区馬出4-13-15

TEL:092-651-3978

     092-651-6270 


2018.6.17 「成長させてくださる神様」(要約) Ⅰコリントの信徒への手紙3:4-9

1:  パウロとアポロ

 「成長させてくださるのは神です」。この御言葉は、神様が世界を創り、命を造り養ってくださっているという、大切な言葉なのです。 

 今日の聖書、Ⅰコリントの信徒への手紙はパウロが、コリントの教会に宛てて記された手紙となります。パウロは、コリントの教会をはじめ、さまざまな場所にキリストのことを伝え、教会を作り、そして教会に手紙を書いたのです。アポロは「雄弁者」で話をするのがとても上手だったのです。パウロがコリントの教会を作り、アポロがコリントの教会の指導者として、教会を育てていったのです。

 

2:  成長のために

 当時のコリントの教会では「わたしはパウロに」「わたしはアポロに」(4)と言いあっていました。 つまり、創立者パウロと、その後の指導者アポロのどちらにつくか、どちらが正しく、どちらが本当に必要な教えを語られたのか、そのようなことを言い争っていたのです。

 「パウロは植え」「アポロは水を注いだ」。農作物において、植える人がいなければ、水を注ぐ作物自体がなく、また水がなくては、作物は枯れてしまうのです。しかし、この作物を本当に育てているのは、やはり神様です。

 ここに命の神秘があるのです。生命の神秘は私たち人間にはどうすることもできない領域です。

 

3:  成長させる神様

 「成長させるのは神である」。神様は、今も、私たちに命を与え、そしてその命を養い、成長させてくださっているのです。私たちはこのことを忘れてしまってはいないでしょうか。神様という存在を信じることは、命に解放を与えます。肩の力を抜かして生きることができるようになるということです。命を与え、守り、養い、そして最終的に引き上げてくださる。つまり神様が最終的な責任を担ってくださるのです。

 

4:  神様に信頼する

 確かに、私たちには、神様によって預けられた命を、全身全霊をもって大切にする責任があります。私たちはこの世界を見捨てることは許されません。自分の命を、「自分のものだから・・・」と傷つけたり、あきらめてはいけないのです。預けられた子どもの命をできる限りの知恵と力を持って、大切にする必要があるのです。そのうえで、私たちは、最後にすべて委ねることが許されているのです。私たちが最後にできることは、この御言葉に信頼することです。(笠井元)