特別集会

子どもクリスマス会

12月22日(土)

クリスマス礼拝

12月23日(日)

クリスマスイブ礼拝

12月24日(月)

幼稚園集会

願書受付

11月1日(火)

入園・未就園児クラス

申し込み

随時受け付けています

バプテスト東福岡教会

福岡市東区馬出4-13-15

TEL:092-651-3978

     092-651-6270 


2017.10.15 「福音にふさわしく生活をする」 (要約) フィリピの信徒への手紙1:27~30

 パウロは、牢屋に捕らえられるという苦難の中にあって、フィリピ教会をもう一度訪ねようと願っています。しかし、彼がフィリピ教会を訪問したらすべてのことが解決するわけではありません。彼らは待っているだけではなく、主体的に、キリストの福音にふさわしく生活するように勧められています。

 

1.生活を送ること

 パウロはフィリピ1:27節でひたすらキリストの福音にふさわしい「生活を送りなさい」と勧めています。「ポリテウオー」という言葉で、「ポリスという町の市民として生きること」を意味しています。キリスト者だからと言って、世捨て人として生きるのではなく、市民として責任を持って生きなくてはならないのです。

 

2.福音にふさわしく

 しかし、パウロは、ここで、「ひたすら福音にふさわしく」生活を送れと言います。キリスト者はこの世の価値観と違った価値観、違った姿勢で、「福音にふさわしく」生活するのです。一人一人が、神から愛されていること、その独り子イエス様の命と等しいほどに大切にされていること、このことに相応しく、市民生活をするのです。

 

3.信仰の証人として

 フィリピの信徒たちが、ひたすらキリストの福音にふさわしく生活を送っていれば、それは、証人(あかしびと)の生き方であり、キリスト者の仲間たちにとっては救いのしるしであり、反対する迫害者にとっては、「これはかなわない」と滅びのしるしとなるのです。

 

4.キリストのために苦しむこと

 パウロは一歩進んで、フィリピの信徒たち、そして、皆さん、私たちに、「キリストを信じることだけでなく、キリストのために苦しむことも、恵みとして与えられているのです。」と言います。私たちには内面的闘いがあり、また、反対者の圧迫下にもあります。しかし、ここでは、「苦しめ」と命じられているのではなく、私たちが経験している苦しみも、自分の過ちの結果でないなら、神の恵みと解放からくる苦しみであれば、それが「恵み」であることが強調されています。

 

5.パウロの協働者としてのフィリピの信徒たち

 もし彼らがキリストの福音に対応して市民生活をするなら、パウロもフィリピの信徒たちも同列に立っているのです。彼らは福音のための協働者なのです。

 

6.結語 二重の市民権

 フィリピ3:20には、「しかし、わたしたちの本国は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主として来られるのを、わたしたちは待っています」とあります。私たちの市民権は天にあるのですが、日本社会の市民として、いまここで生きる課題と権利が与えられています。わたしたちは、日本の市民としていま、ここで生きていますが、本当の市民権は天にあるというのです。私たちもまた、二重の市民権を持つ者として、福音に相応しい市民生活を営みましょう。(松見 俊)