特別集会

特別伝道集会

10月27日(土)

10月28日(日)

幼稚園集会

観劇会

10月2日(火)

願書受付

11月1日(火)

入園・未就園児クラス

申し込み

随時受け付けています

バプテスト東福岡教会

福岡市東区馬出4-13-15

TEL:092-651-3978

     092-651-6270 


2017.4.30 「名脇役バルナバ」 (要約) 使徒言行録11:19-26

 映画やテレビドラマでは、名脇役が登場します。主役を引き立て、味のある演技をします。主役と脇役はチームプレーで、お互いを生かし合います。そのような名脇役の一人に「バルナバ」という初代教会のクリスチャンがいます。

1.バルナバ:パウロを探し出し、教会に繋げる

 バルナバはサウロを捜しにタルソスへ行き、見つけ出してアンティオキアに連れ帰ります。後にパウロとなるサウロは教会を迫害していたので、彼がクリスチャンになっても、仲間たちは彼を恐れて教会仲間にすることを躊躇していました。そのときに、パウロを教会に執成し、人がバルナバでした。当時、サウロの傍らに立つことは勇気のいることでした。下手をすると、バルナバの評価も落ちてしまう危険があったからです。しかし、バルナバはパウロの傍らに立ちました。

2.第一回伝道旅行でパウロに同行するバルナバ

 13:1~3によれば、バルナバとサウロは第一次伝道旅行に出かけます。二人は互いに支え合い、助け合う名コンビでした。

3.マルコ・ヨハネの傍らに立つバルナバ

 しかし、ある時、衝突が起こりました。第二次伝道旅行の際、バルナバは、マルコと呼ばれるヨハネも連れて行きたいと思ったのですが、かつて途中で落伍したマルコを連れていくべきではないと考えたのです。そこで、意見が激しく衝突し、彼らは別行動をとるようになります。バルナバはパウロと袂を分かってマルコと一緒に出掛けたのです。彼は一度失敗したマルコの傍らに立ったのです。

4.バルナバ:慰めの子

 バルナバという名は、「慰めの子」という意味です。「慰め」はパラクレーシスで、これは「かたわらに呼び出されること」を意味しています。「慰める」ということは傍らに呼び出され、その人と共におり、その人を支え、弁護してあげることです。

5.傍らにいます聖霊:弁護者

 最後に「傍らにいます神」である「聖霊」に触れます。パラクレーシスから由来する「パラクレートス」という言葉がヨハネ福音書に登場します。十字架で殺されるイエス様の約束の言葉です。ヨハネ14:15~17「わたしは父にお願いしよう。父は別に弁護者(助け主、慰め主)を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる」。聖霊は、私たち、皆さんたちの傍らに呼び出され、私たちを弁護し、慰めるお方なのです。この事実を、信仰を持って受け止め、信仰に固く立ち、心に平安と喜びが与えられるように、祈りましょう。(松見 俊)