特別集会

夏期学校・バーベキュー

8月26日(日)

幼稚園集会

プール

7月24日(火)

願書受付

11月1日(火)

入園・未就園児クラス

申し込み

随時受け付けています

バプテスト東福岡教会

福岡市東区馬出4-13-15

TEL:092-651-3978

     092-651-6270 


2017.2.26 「あなたは何のために生きているのか」 (要約) マタイによる福音書4:1-11

1:  聖霊によって 

 聖書では悪魔という存在を「誘惑する者」というのです。そして誘惑とは、神様から人間を引き離す者と言えるのです。イエス様がバプテスマを受けたそのすぐ後の時に、誘惑する者が現れたのです。悪魔の誘惑は、神様と私たちを引き離すものです。神様を信じれば信じるほど、その誘惑の働きは激しくなっていくのです。

 誘惑において悪魔が「神の子なら・・・」と言うようにイエス様は神の子なのです。人間であることは無力であり、弱く、痛みや苦しみの中にいるということです。イエス様にとって一番の誘惑は、人間であることをやめることです。それは他者のために生きることをやめるという誘惑なのです。

 

2:  人はパンだけで生きるのではない 

 誘惑の一つ目は「神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ。」(3)となります。 この言葉は、私たちに生きる意味を教えているのです。人はパンだけで、そしてパンのために生きているのではないのです。食事をすることは大切なことですが私たちはそのため「だけ」に生きているのではないのです。イエス様は「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」と教えられます。

 

3:  深淵に落ちてこられた方 

 悪魔は「神殿の端から飛ぶという行為をもって、神様が共にいるということを証明したらどうだ」と言います。神様を信じることは、お金持ちになったり、なにか自分勝手な願いが叶うことはないのです。イエス様は神殿から飛び降りることでは、神様を証明なされなかったのです。イエス様が神様を表したのは、十字架の出来事によるのです。人生の痛み、深淵へと飛び落ちていくことで神様を表されたのです。私たちがどれほど苦しく、地獄のどん底にいるような時にあっても、イエス様はその隣に来てくださったのです。

 

4:  なにを神とするのか 

 生きている中で一番大切なことは「何のために生きているのか」ということではないでしょうか。私は「ただ神様の栄光のため」と答えます。神様はイエス・キリストの十字架の上において「栄光」を表されたのです。神の栄光とは、惨めで苦しく、悲惨で痛みを伴うものなのです。イエス様が表された生きる価値観は「神様のため」、そして「他者のために生きる」という価値観です。

 

5:  誘惑に打ち勝たれた方

 私たちは直接、悪魔に出会い会話することはないでしょう。目に見えていなくても確かに誘惑という働きは、私たちのすぐそばにあるのです。このあとイエス様は「悔い改めよ、天の国は近づいた」(4:17)と語られました。私たちは「悔い改める」ことが赦されているのです。イエス様は誘惑に打ち勝たれました。私たちは十字架のイエス・キリストに従っていきたいと思います。(笠井元)